WEB担のぼやきブログ

インハウスSEO兼WEB担当者の備忘録メモと、話題・流行・趣味ブログ^^

ゴールドコースト滞在記 5泊6日のぶらり旅行記2019

      2019/11/04

ゴールドコースト旅行概要(二人分)

航空券:ジェッットスター(130000円)
場所:オーストラリア ゴールドコースト(地図
行く場所&やる事:Q1展望台、カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリー、レンタカードライブ、スプリングブルック国立公園、タンガルーマ ホエール・ウォッチング、ウェディングフォトサービス、カジノ
滞在ホテル:Q1ホテル 4日滞在(50000円)、ザ・スターホテル(22000円)
滞在時期:9月後半~10月頭

ゴールドコースト5泊6日旅の流れまとめ

成田発~ゴールドコースト空港到着

オーストラリアへ入国には事前にETAS申請が必要です。第三ターミナルでレンタルwifiを受け取って、搭乗手続きの直前に申請してない事に気付いて冷や汗。焦ってたので私は6000円(オーストラリア政府HPなら料金は2000円、代行会社は500円~6000円とバラバラ)の代行会社を使って痛い出費を食らいました。因みに20分程度で承認されて無事入国OKに。

成田を21:00に出て、翌朝07:00過ぎにGold Coast Airportに到着。飛行機で寝る姿勢取るのは難しく、寝たようで寝てない感じ。さてゴールドコースト市街までの移動は安いバスに決定。

空港でGOエクスプローラーカードが簡単に買えるのでおすすめです、10ドルで1日乗り放題を購入したらスカイバスとトラムでQ1ホテルを目指す。

Q1展望台~レストラン食事

時刻は09:00位。チェックインはまだなのでQ1ホテルに荷物を預けて、早速Q1展望台へ移動。チケット料金は78ドル(二人分でそれぞれ20ドル分の食事付&当日何度でも再入場可)と思ったより高い。エレベータが上がるのめっちゃ早いです。するとゴールドコーストらしい景色が!

素晴らしいです。街の地形や場所感覚をある程度把握して食事も済ませる。9月後半という事もあり季節は春、気温は穏やかだが風邪が冷たい、服装は夜はパーカーや長ズボンかなーという感じです。時間があるのでサーファーズパラダイスをお散歩。

カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリー

一度ホテルに帰ると寝てしまいそうなので、そのままカランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリー動物園に行くことに。トラムでブロードウェイサウス駅で降りて、目の前の700番のバスを乗ります。

あとは30~40分程で到着、料金は事前にQ1ホテルで割引チケットを購入したので70ドル。入園すると早速コアラがお出迎え、20ドルで抱っこして写真撮影が可能、奥まで行けばカンガルーの餌付けもOK、たっぷり3~4時間あれば十分楽しめるんじゃないでしょうか。

⇒カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリーの詳細

Q1ホテルチェックイン~食事

ほぼ寝てない状態でQ1ホテルへチェックインしたので18:00頃。疲れもあってQ1近くのバーガーレストランで食事タイム。ボリュームありすぎなのに、食べれるんだなこれが。あとは室内で飲み食いできる食材も買い足して本日は爆睡。

レンタカーでぶらりドライブ旅

2日目はレンタカーを借りてドライブ、ロビーでToyota camryを借りる契約(105ドル)を済ませてレッツゴー!事故やトラブルがあっても440ドルまでの負担で済む保険が付いてました。早速車を走らせると左側通行で車も信号も少なく走りやすい、覚えた交通ルールは黄色線は路駐禁止、一方通行標識、あとはロータリー式交差点だけ覚えれば問題ない感じ。

目指すはスプリングブルック国立公園です。全体的に皆スピードを出してて、日本より20km位制限速度が速い印象でした。のわりに、スピード違反は3~5kmオーバーでも厳しく切符切られるとの事。ただし制限速度より遅く走ってると煽られる感を感じはするかも。

スプリングブルック国立公園はカーナビがなくともgoogleマップのナビで迷わず行けますが、かなり広いので何処を目指すのか明確にする必要はあります。私は目的エリアを間違えて「なんだここは?」的な場所に行って時間の浪費。

その後、近場のスカイウォークへ行くも入場料20ドル、まぁ楽しめたけど今思えば行く必要なかった感。理由はスプリングブルックは無料で似たようなもんだから。でもその後、ナチュラルブリッジエリアを目指して車を走らせてると絶景に遭遇。

素晴らしい!天気も最高!絶景も味わえる車旅、是非レンタカーを借りて行ってみる事もおすすめします。

⇒オーストラリア・ゴールドコーストの格安レンタカー検索・比較【EasyRentCars】

世界遺産のスプリングブルック国立公園

夕暮れ時に到着。駐車場スペースは狭かったです。このエリアは40分~1時間あれば回れます。観光名所の美しい滝に着いてマイナスイオンを浴びまくってると、地元の観光客が帰る気配がないので不思議に思ってると、ここで土ボタルが見れるらしい。急遽滞在時間を延ばして土ボタル鑑賞しました。

たいした事ないと思ってましたが実際に目で見ると幻想的。滝の流れる音と暗闇に無数に光る明かりは一見の価値しかないです。1時間程堪能して、帰りはアウトレットで買い物してQ1に帰宅。土ボタルツアーは一番人気なので是非おすすめ。

スプリングブルック国立公園の詳細

タンガルーマ ホエール・ウォッチング

昨夜の雨が上がって晴天!早朝07:00にホテルでピックアップしてもらいブリスベンの港へ。そこから船でモートン島を目指して到着まで3時間弱かな。一旦荷物を預けたりして、早々にクジラが頻繁に出る場所を目指し船に再乗船。40分程行くと最初に一頭が顔を出す!

初めてみるクジラに感動!船の乗組員が英語アナウンスで11時の方向とか、3時の方向など教えてくれます。次第に目も慣れて自分で発見できるようになった。因みにサングラスと双眼鏡は必須アイテム。この日は当たりらしく、複数の群れと遭遇し、20~30回以上クジラのジャンプや潮吹きを見る事ができ、更にジュゴンやイルカまで発見。めちゃくちゃラッキーらしい。

大満足でモートン島に帰り、夕暮れ時までフリータイム。夜になると浅瀬にくるイルカの餌付けタイム。でもこの日は波が荒くて桟橋から小魚を投げ込むだけという結果でした。たしかに人懐っこいイルカだけど、餌付けはなくても楽しめるかな。

⇒タンガルーマ ホエール・ウォッチングの詳細

ウェディングフォトサービス

今回の旅で体験する事になったウェディングフォト。正直気が進まなかったけど、やってみればいい思い出になりました。場所はクーンババ、野生のコアラとカンガルーがいる大きな公園で撮影時間は1時間30分位。足元にはカンガルーの糞だらけ、でも人気が少なく恥ずかしがり屋には丁度いい空間。カメラマンさんが上手にリードしてくれるので安心です。

⇒ウェディングフォトサービスの詳細

The Star Gold Coast カジノホテル

ゴールドコースト唯一のカジノホテルへ。日本食、中華、スポーツバー、プールに展望レストランと複合施設ばりに整ってるのでホテルで1日過ごせます。服装はデニムパンツにシャツ位のラフな格好で問題ないです。カジノではメンバーズカードを必ず作りましょう。10ドル分がタダで使え、ホテル内のレストランでの割引付き、飲み物も2杯無料になります。

印象としては地元の老人が多い感じ。中には無数のスロットとテーブルゲームエリアがあって、最初は使い方がさっぱり。コールボタンを押しても永遠来ないので直接呼んだ方が早い。夜になると人も増えて参加したのはスロット、ルーレット、テキサスホールデム。結果は…

The Star Gold Coast カジノホテルの詳細

準備(wifi)、服装、天気・気温

今回借りたのはグローバルwifiの4G(600MB)でお値段5泊6日で13800円。二人で使用(動画は見てない)して、初日0MB、224.79MB、792.35MB、729MB、462.16MB、380.49MB、合計2,588.79MB使いました。服装は9月下旬は肌寒いので羽織れる長袖必須、天気は湿気がなく風邪が冷たい感じです。

お土産

毎回の事ですがお土産はスーパーで買うようにしてます。マヌカハニーのはちみつ、ワニ・エミュー・カンガルーのジャーキー。まとめ買いが基本です。

旅の感想

ゴールドコーストはのんびりしたい人向け、子連れ、家族向けかなと思います。もちろん新婚旅行もサーファーも。繁華街は一部に集中してるので2~3日で飽きる可能性あり。ただ海と山、自然が楽しめて天候も良いのでゆっくり過ごせました。

個人的にはデメリットは、オーストラリアが自給自足100%国内生産のせいで食べ物がとにかく高い、バーガーとビールで30ドルとか普通にするのでグルメな人はお高くつきますね。アジアみたいに外で飲み歩きも喫煙もダメ。でもやってる人は普通にいますが。。。おまけですが、オーストラリアのタバコは1箱20本入りが35ドルとかして引く程高いので注意。

基本的には皆フレンドリーで優しいし、治安も良いように感じました。今度はオーストラリアの別の都市にも行ってみたいなーと思える良い旅だったと思います。ゴールドコーストは誰が行っても比較的安全に楽しめる場所でおすすめです。

⇒【格安航空券】出発2時間前までオンライン予約OK!海外旅行はエアトリ

 - オーストラリア(ゴールドコースト), 旅行 , , , , , , , , , , ,