WEB担のぼやきブログ

インハウスSEO兼WEB担当者の備忘録メモと、話題・流行・趣味ブログ^^

海外旅行が決まって英語やばい…困らない程度の伝える英会話術

      2018/09/04

基本英語+ジェスチャーで表現力アップ

Would you ~ + ジェスチャー
相手にやってほしいこと「これして頂けませんか?」

May I ~ + ジェスチャー
自分がやること「してもいいでしょうか?」

I have a problem here + ジェスチャー
お腹を指せば「お腹が痛い」、機械を指せば「機械の調子が悪い」

※伝える英語のコツはとにかく短く発音すること

最も身近な挨拶英語は会釈

挨拶英語のHiは日本でいう会釈的感覚で使う。発音は「ハーイ」より落ち着いたトーンで「ハイン」と短く発音するイメージ。最後に小さい「ン」をつけるイメージ。

Nice to meet you. → お会いできてうれしいです。
How are you? → ご機嫌いかがですか?
Have a nice day! → よい一日を。
See you. → またね。

使い倒せ!SorryとThanks

英語が聞き取れない時は「Sorry?」+聞き取れなかった顔で伝わる。One more Please.より丁寧で伝わる。

謝罪のSorry3段階
Sorry「すいません」
Sorry about it.「ごめんなさい」
I’m sorry about that.「申し訳ございません」

次は感謝のThanks.

小さな感謝にピッタリくるThanks.日本語のどうもすいません(*´ω`*)のイメージ。

大きな感謝にはMany ThanksやThanks a lotとも言える。Thanksと言われたらSure.と返す。Sureには日本語のいえいえくらいのニュアンスがある。

丁寧なお願い I’d like to

I’d like to + 動詞 「~がしたいです、~がほしいです」

I’d like to drink some water. → 私は水が飲みたいです。
I’d like to make a reservation. → 予約を取りたいのですが。

見知らぬ人にはwantよりwould方がベター。

Do you ~ありますか?の例

Do you have any recommendation? → 何かおすすめの料理はありますか?
Do you have a room for tonight(today)? → 今夜は、空いている部屋はありますか?
Do you have this in a smaller size? → これの小さいサイズはありますか?

Can I~? 〜出来ますか?の例

Can I get a glass of water? → お水を一杯いただけますか?
Can I see the menu again? → メニューをもう一度見せてもらえますか?
Can I have a look at that one? → あれを見せてもらっていいですか?

How to~? 〜しかた~の例

Please teach me how to use it → 使い方を教えてください
Please teach me how to get to school → 学校の行き方を教えてください

聞き取れない、分からない時のフレーズ

I don’t understand. → 意味が分かりません。
Can you say that again? → もう一度言ってくれますか?
What dose tihs mean? → これは何て意味ですか?
Could you say that in another way? → 別の言い方で行ってもらえませんか?
What did you say? → 何て言ったんですか?

道を聞かれても困らない

it’s that way + 指で方向を指す

重要な情報は補足していく、「it’s on the left.」「it’s far」「it’s fifteen minutes from here」など。話し言葉では語尾を上げれば「あっちの方向で会ってますか?」になる。

何でもお願いできるMay I have~

May I have + 欲しい物

May I have water
May I have a menu
May I have that?(指指しながら)

物だけでなく人や情報にも使える。

May I have spelling?
May I have that in simple English?
May I have the seles manager?
May I have Mr.Tanaka.
May I have kiss here.
May I have short break?
May I have the tea without sugar?
May I have the salad without dressing?
May I have the time for next train?

手伝ってほしいことがあるとき

May I have some help?(手伝って頂けますか?)

May I have some help + 「with 物」

知らない単語があった時の対処法

ナスという単語が分からない時
it’s a vegetable.(野菜です)
it’s purple.(紫です)
it’s like a cucumber.but it’s not a cucumber.(きゅうりみたいで、きゅうりじゃない)

連続で文章を言って、連想ゲームすれば伝わる確率が増える。

枕言葉で急に英語が通じる

Excuse me.で声かけ。余裕があればi have a favor to ask.(お願いがあります)

Excuse me. (すいません)I have problem with my shower.(シャワーのことで困ってます) May I have some heip?(手伝って頂けますか?)

ミスして困ってる時

I’m sorry, but~

I’m sorry, but I lost my key.(申し訳ありませんが、鍵をなくしてしまいました)

枕言葉とは反対に、最後に付けると便利なIs that OK?(それでよろしいですか?)。

We don’t have a reservation. Is that OK?(予約してないですが、それでよろしいですか。) 確認の意味で使う便利なセリフになります。

大切な英語の語順

6時に待ち合わせしようなら。

Let’s meet in Shibuya at 6.
Let’s meet at 6 in Shibuya.

→どっちでもOK!

sometime(ときどき)often(よく)usually(ふつうは)always(いつも)はbe動詞のあと、一般動詞の前と習うが、分の最後でもOK!

彼はいつもジムに行く

He often goes to the gym.
He gose to the gym often.

時制と肯定、疑問、否定の9パターンだけ覚える

過去 現在 未来
肯定 I ate ~ I eat ~ I will eat ~
疑問 Did you eat ~ Do you eat ~ Are you going to eat ~
否定 I didn’t eat ~ I don’t eat ~ I won’t eat ~

他は後回しにしてメジャーな9パターンで慣れることが大事。慣れたら過去完了、仮定法過去、関係代名詞、関係副詞、時制の一致の例外、原形不定詞、分子構文、第五文型など使いこなせるようになればいい。

ポイントはかみ砕くこと

一人暮らしを例にすると

I live alone.
I don’t live with anyone now.
Ilive in Tokyo.

どれでも正解。

文章を分ければA is 比較級 than Bなど気にする必要がなくなって口から英語が出やすい。

球場にはバスで行くよりも電車の方が早い。
Going by train in faster then going by bus to the stadium.

文章を分けると…
I won’t go to the stadium by bus.(球場にはバスでは行きません)
The train is fuster.(電車の方が早い)

ポイントは一文目には必ず通じる文章を持ってくることが大切。家の話をするならI like may new house.日本経済について話すならI’ll explain the japanese economy.

連続で話せば、話しの前後ができてるから多少発音が間違ってたり、前置詞の使い分けが出来てなくても相手に言いたい事が通じる。

最近調子のよくないニューヨークヤンキースのファンd、よくテレビ観戦します。
I like New York Yankees.
I watch them on TV often.
But they’re not very good now.

昨日の夜の11時頃にとても辛いラーメンを食べて、すごくおいしかったです。
I ate ramen yesterday at about 11PM.
it was very spicy.
And it was delicious.

久しぶりの休日出勤になり、今週の土日は仕事でした。
I am busy with work recently.
so I had to work on Saturday and Sunday.
But I don’t have to usually.

先週、新しい白のアイフォンを買ったんだけど、落として壊れてしまいました。
I got new iPhone last week.
it’s white.
But I dopped it.
so it’s broken.

短い文章の連続で相手に伝わればOK。

前置詞は感覚でいい?

日本人でも日本語の「てにをは」を間違えるように、なんとなく使っても伝わる。イメージで使って慣れたら徐々に治していけばいい。

in/inside on near
under over around
between behind in front of
across up dwon

特に句動詞を使えると便利

look for 探す
I’m looking for this museum.(この美術館をさがしてます)

look up 調べる
I can look up the address on my phone.(私の電話で住所を調べられます)

turn down 断る
He turned down our proposal.(彼は私たちの提案を断った)

turn on/off 入れる/切る
Could you turn on/off the a.c.?(エアコンをつけて/切ってくれませんか)

call back かけなおす/折り返す
I’ll call back tomorrow.(明日、電話を掛けなおします)

work out 運動する/トレーニングする
Do you woek out often?(よく運動しますか?)

put away 片付ける/しまう
Could you put away your phone?(電話をしまって頂けますか?)

break up 別れる
They broke up.(彼らは別れた)

meke up 何かをでっちあげる
She mede up everything.(彼女は全てをでっちあげた)

たくさんはa lot of、見るのはseeだけでいい

最初は言葉を迷わないように決めてしまう。a lot of は数えられるもの、数えられないもの、どちらにも使えるから便利。

付加疑問文は~right?

テレビを消したよね?
You turned off the TV. didn’t you?
⇒YOu turned off the TV. right?

昨日、お昼ご飯を食べなかったよね?
You didn’t eat lunch yesterday,did you?
⇒You dein’t eat lunch yesterday,right?

たくさんはa lot of、付加疑問文は~right?、見るで迷ったらseeと何を使うか決めておく。

冠詞は全部付けてしまう

冠詞は使わないことの方が稀なので、使わない時だけ削っていく。ポイントは名詞の前に付けるのでなく、動詞の後につける感覚。「I have a bag.」「アイ ハブ ア バック」じゃなく、「アイ ハヴァ バック」のイメージで使う。

慣れることと英語が伝わってるか確認

慣れるのには安いオンライン英会話を絶対使いこなすべき。何に言葉が詰まるのか、言いたい事が言えないもどかしさは脳を刺激してくれますし、自分の英語が相手に伝わるかの確認ができます。

話す内容は毎日の出来事でOK。簡単な連続文章でちゃんと通じてるかを確かめる。通じてなければ別の表現を使って確かめる。これを繰り返していけば自信も付いてくる。イギリス英語がーとか、フィリピン訛りがーとか今は気にせず会話する事が大事。

そもそも言葉が出て来ず沈黙が流れることも多いはず。すると相手から話しかけてくれるけど、目的は言いたいことを伝えることなので、「Would you listen first, and tell me if you can understand my English?(まず聞いていただけますか。そして自分の英語が通じたか教えてください)」と言って、話しましょう。

相手の言ってることが分からなければ「Would you type that?(タイプして頂けますか)」と言って、送ってもらえば会話の補助になります。意思疎通が出来ると嬉しいし、モチベーションも上がるのでまずトライしてみる事をおすすめします。

 - 英語 , , , , , , , , , , , , , ,