WEB担のぼやきブログ

インハウスSEO兼WEB担当者の備忘録メモと、話題・流行・趣味ブログ^^

個人事業主と会社員+副業はどっちがお得?退職のタイミングについて

   

会社を退職後、必ずやるべき手続きの一つが失業保険、固定費はこれでカバーだな…って思ってたが電話したらアフィリエイト収入があると貰えないそうです。雇用保険10年続けて何の恩恵にも預かれんのか…まーしゃーないけど何かだかなー。

会社辞めた後、個人事業主にかかる税金はいくら?

退職して転職せずに独立、起業する場合、様々な税金がかかってきます。

手取り年収額=年間総収入金額-(所得税+住民税+個人事業税+消費税+国民年金保険料+国民健康保険料+介護保険料)

所得税 → 総収入金額-(経費+青色申告特別控除+所得控除)
住民税 → 一律10%課税
個人事業税 → 5%
消費税 → 2年前の年間売上高が1000万円を超える場
国民年金保険料 → 保険料16,260円
国民健康保険料 → 住んでる場所による(メッチャ高い)
介護保険料 → 住んでる場所による

例えば年間1000万円で経費300万円の場合。(税金・社会保険料計シュミレーション

健康保険料 73万
国民年金 20万
所得税 80万
住民税 60万
個人事業主税 20万
——————
支出合計550万

手取り450万!会社員の平均より少し上回る程度でしかない。(厚生労働省データ)とにかく健康保険が高すぎる!経費使いまくったり、身内に手伝ってもらって給料払うとか、組合に加入すれば安くはなるが、会社員で副業やった方が保険に関しては圧倒的にお得。

1000万前後の稼ぎでは負担が重いし、折角スキルがあってもチャレンジするより会社員+副業を選択した方が無難と考える人も多いのではないか、、、これでいいのか日本。

あと備えとして、自営業者の老後の年金対策に「付加年金」「国民年金基金」「個人年金保険」「小規模企業共済」がある。この辺りはぼんやり理解でよく分かってないから税理士さんと相談してトータルの出費を考慮した方がいい。

中途半端な売上げで会社を辞めて個人事業主をやる場合、最低でも事業の柱を3個は作って継続して稼ぎつづける目途と、売上を一気に伸ばして法人計画など想定しないと会社員してた方が良かったとなりかねない。

もちろん時間配分を考えると辞めて事業に集中するのは手だし、自由に働けるメリットは大きい。ただ特段事情もなく会社員を続けてても同じくらいの収益で変動しないようなら余り意味がないように感じる。

結局は価値観やケースバイケースで決まると思うが、少なくともリスクは理解した上で、今が退職のタイミングなのかは十分に考えた方がよさそうだ。

でわでわ。

 - 起業・転職のお悩み , , , , , , , , , , , , , , ,