WEB担のぼやきブログ

インハウスSEO兼WEB担当者の備忘録メモと、話題・流行・趣味ブログ^^

無料ツールで最適化 google analytics A/Bテストのやり方

   

LPO(ランディングページ最適化)をするさい、ざっくり分けてA/Bテストと多変量テストの2種類がありますが、簡易的な手法がA/Bテストで、オリジナルページとそれに対抗するパターンを用意し、実際のトラフィックを割り振って相互に比較します。

A/Bテストの流れはこんな感じ

①改善対象にするランディングページを決める

セッション数がある程度あり、リスティング広告などの施策からのトラフィックも多いが、直帰率が高いといったページが対象です。

②改善すべき仮説を立てる

次のページ遷移やコンバージョン導線を考慮し、ページ全体のレイアウト、ボタンやリンクの配置、コンテンツの調整などで改善を考える。

③対抗パターンとなるページをアップロード

仮説に沿ってランディングページを作成します。

④トラフィックをオリジナルとパターンを割り振る

オリジナルのページにランディングしたトラフィックの一定割合を、パターンのページへ0秒リダイレクトする。このときどちらかのランディングページを閲覧したユーザーは、ブラウザーの戻るボタンを使ったり、別セッションで再訪問しても、同じページが表示されるようにする。

⑤コンバージョン率を統計的に判断

どちらがコンバージョンしてるか判断します。微妙な差の時は、また別の仮説を立て、再テストします。

これらを手動で行うと大変な作業になるため、googleアナリティクスのウェブテストというA/Bテストを行います。

アナリティクス操作手順

■レポート→行動→ウェブテスト→テストを作成

①テストの名前を入力
②テストのコンバージョンとする目標を選択
③次のステップ

①オリジナルのページURLを入れる
②パターンのページURLを入れる
③次のステップのクリック

①手順でコードを挿入をクリック
②テスト用コードが表示される

オリジナルとパターンのページに、googleアナリティクスのトラッキングページが挿入されている前提です。そのうえでオリジナルページにはテスト用コードをタグの直後に挿入します。

なおパターンのページには以下の1行を~タグ内に追加し、オリジナルページのみが検索エンジンにヒットするようにしましょう。

<link rel=”canonical” href=”http://○○○○.com/index.html”>

※タグにrel=”canonical”とオリジナルのページのURLを指定し、正規である方を明示する。

テストを開始すると、ウェブテストで確認できるようになります。テスト終了したらタグは速やかに外しましょう。

因みに多変量テストでLPOを実施する場合は、対象となるページのパーツを細かく切り替えてコンバージョン率の変動をテストします。

ランディングページのA/Bテストはウェブテストでほぼ自動化出来ますが、仮設があいまいだと効果が薄れてしまいます。セグメントやレポートをクシして、課題をしっかり把握しておく事がポイントですね。

でわでわ。

 - SEO・マーケティング , , , , , , , , , , ,