WEB担のぼやきブログ

インハウスSEO兼WEB担当者の備忘録メモと、話題・流行・趣味ブログ^^

Webコンサルタントになるには?得意分野と情報格差が仕事内容に

   

WEBコンサルのお仕事ってどんな事をしてるんでしょう。
なんとなくマーケティングってカッコいい言葉のイメージがあるのは自分だけでしょうか。でも本当のところ予算0でいかにやるかというのがリアルだと思います。大手以外にデータ解析に予算をとってる会社なんてないですよね?

今日はWEBコンサルで食ってく為には、どんな知識とスキルが必要なのか箇条書きしてみたいと思います。もちろん全部が必要なわけじゃないですよね。

ビジネスを成功させる2つの事

①ビジネスモデル
②マーケティング

制作費30~50程度頂く(レシポンシブ相場50万~)

・スマホ制作+地域+○○
・話を聞いて強み、どうしたらいいかをHPへ落とし込む
・月3万で保守メンテとか

ネット集客成功法則

売上=集客サイト*アクセス

①売れる集客用サイトを作る(スマホ対策)
②見込み客となるアクセスを集める
③ポジショニング(ライバルがいないところ)

※理念と専門性の情報発信が必要
※話の順→why→How→What
※No1を作る
※売りやすいパッケージで結果が出るもの

※知識格差が価値になる
※騙されない為に近くの信頼できるWEBコンサルタントを探してる人がターゲット

得意分野を決める

・SEO
・メルマガ
・CVRUP
・ライティング

得意業界から攻める

・経験から攻める

必要なスキル

①ホームページの運用方法
②セールステクニック(キャッチコピー/セールスレター)
③メディアの活用方法(新聞/雑誌/テレビ/SNS/ブログ/ポータルサイト/メルマガ)
④SEO/SEM
⑤売上を上げる為のマーケティング知識
⑥特定商取引法
⑦特定電子メール法
⑧検索力/情報収集力(-、フレーズ、ドメイン、ブログ検索等/Q&Aサイト/SNS)
⑨常にアンテナを張る

コンサルの流れ

依頼⇒問題点の把握⇒計画/実行/確認⇒解決

セールスページの書き方

■キャッチコピー
・あなたを入れる…見る人に訴えかける
・見る人を絞る…20代の主婦の方へ
・~する方法、~の仕方、~するノウハウ
・数字を入れる…91.4%、11427名、詳細で具体的に
・緊急性をアピール…期限、数量を制限する
・なぜ~理由を入れる…なぜ一部の人だけネットで稼げるのか?など
・誰でも分かる言葉を使う
・基本的に専門用語は使わない
・優れたコピーを応用する
(例:私がピアノの前に座るとみんなが笑いました。でも引き始めると…)
(例:どうやって私が○○したのか?)
(例:私に○○を下さい。そうすれば私は○○するでしょう。)
(例:もしあなたが○○なら、あなたは○○することが出来ます。)

■3つの視点から書く
・見る人の利益につながるコピーにする
・見る人の好奇心にアピールするようにする
・ニュース性のあるコピーでチェックしなくちゃと思わせる

■書く手順
・キーワードを10個以上出す
・インパクトのあるキーワードに置き換える
・キーワードを組み合わせる
・いくつかのキャッチコピー考える
・反応を試す(テストが重要)⇒良いものを採用⇒反応が落ちてきたら変更

メルマガ・ステップメールで集客

・有料月額1000円程度
・サーバーにシステムを設置

リストを集める方法

・プレゼント、懸賞サイト
・無料レポートスタンド
・メルマガ広告

ブログの活用自己ブランディング方法

・自分がどういゆう人ななか知ってもらう必要がある

ツイッターでお客さんを探す方法

①sociloomphに登録してDMを作る
②プロフィールを作成
③狙っているキーワードをプロフに入れてる人を探す(twitterプロフ検索)集めたい属性の人をフォロー(1日200位まで)

地元へUターン転職を考えた時期に物凄くWEBマーケのお仕事求人を探しましたが本当に地方にはありません。ちなみに広島レベルでですよ。何故かと聞くと東京の業者にマーケティングは投げてるらしいです。

でも田舎でWEBのお仕事したい!って考えると起業か~。って事で食ってけるかな~を検討してみた思いつきメモでした。

ではでは。

 - SEO・マーケティング , , , , , , , , ,