WEB担のぼやきブログ

インハウスSEO兼WEB担当者の備忘録メモと、話題・流行・趣味ブログ^^

新規参入 競合に勝つ 差をつける切り口は尖る思考方法

   

さて経験豊富な経営者の人なら新規参入するさい、直感的にこれは儲かる。
というニオイが分かったりします。

しかし、経験が浅いこれからという新米にはそれが分からないですね。
そこで事前に知っておいたほうが良い項目を挙げてみます。

まず、市場規模はどの位か?需要と供給のバランスを考えてみる。

商品ライフサイクルはどうでしょうか?
何処で誰にどうなふうに売りますか?

忘れてはいけないのが、回収期間とコストですね。
せっかく儲かってもキャッシュが足りないなんて事にならないようにしたいですね。

参入するジャンルによっても違うと思いますが、ニオイがかぎ分けれるようになるのはやっぱり経験です。それを補うのは「事前の理解と知識」です。

普段から洞察力を鍛えておく練習は意識して行う訓練が必要ですね。

競合との差をつける自分だけのオリジナルの切り口

サイトにアクセスがあるのに売上げが上がらない・・。
サイトに来ている人はどんな人?

その商品の本質はちゃんと伝えられているか。
切り口、視点はそれが一番ベストで伝わりやすいか。

もし競合が多い商品で同じような視点からになっている場合は、
一度視点をかえてサイトを作りこむことをお勧めします。

アンケートが取れるならとった方がいいです。
取れなくてもとことん考えれば落着くとこに落着きます。

例えば…

Aという商品とBという商品が同じ価格の商品ならどっちで買ってもいい場合。

たぶんその商品を売っている人の魂の叫び(ビジョン)に共感して決めたりしませんか?

そういうのが上手い人は本質を見極めた上で、視点を変えて伝えてますよね。
だからブレない。

とはいえ、経験が必要なところもあるのでまずは数稽古ですね。

虚を狙って尖る!

1.業界において未解決なものを狙う
2.時代のちょい先を狙う
3.業界を混ぜる混合型(○○×○○)
4.世界観型(ザッポスなど)
5.逆位置型(会えないアイドル⇒会えるアイドル)
6.場所変更型(ヒーローになれるところを探す)
7.専門細分化型(成熟したら○○専門として特化する)
8.極端型
9.オタク型
10.実力・実績・パイオニア型

※これらを組み合わせて実際には起こる。

↓↓↓

とにかく業界において旗揚げしたぜ俺!って事で目立ちたい。
例えばバッタ*ヒーロー=カメンライダーみたいにあり得ない組み合わせは虚を突いてる典型例ですよね。得意分野と市場の隙間で尖るべし。

「どういうふうに噂されるかな。」逆算して想定しておくことで、マーケティング展開がスムーズになる。

ビジネスを最速で駆け抜けたい人は意識してみては?

 - SEO・マーケティング , , , , , , , , , ,