WEB担のぼやきブログ

インハウスSEO兼WEB担当者の備忘録メモと、話題・流行・趣味ブログ^^

コピーライティングの基礎スキル上達法 売れる文章の作り方8項目

   

私はライティングに自信がありません!
とは言うもののネットビジネスをしてるとそうも言ってられないですよね。

そこでお客様に響く文章の構成を箇条書きでまとめました。
参考になれば幸いです。

記事の書き方例

1.商品を選ぶ時のポイントの説明を箇条書き
2.商品、サービスの実績を推す
3.他と比較して商品の良さの紹介する

※商品を買う人、使う人をイメージする
(人物像を具体化)

コピーライティングとは

・想いを伝える技術

ポイント

・正しい知識と選択基準を教えてあげるというスタンス
・誠実であること
・人柄が大事、文章から人間味が見える事
・ビジョンに共感してもらえる事

STEP0

・何故その商品を売りたいのか?
・本当に伝えたい思いはありますか?

STEP1=型を学ぶ

・大基本=悩み(問題点)⇒解決策の提示⇒商品
・書き出しは必ず読み手のことから

※PASONAの法則
P:Problem(問題を提起する)
A:Agitation(問題をあおり立てる)
S:solution(解決策の提示と証拠)
N:Narrow(限定、緊急、絞込み)
A:Action(行動)

※流れ⇒キャッチコピー&導入(聞いてもらう体制を作る)⇒悩み⇒解決策⇒商品(ビジョン)⇒証拠⇒反論への回答⇒限定⇒価格⇒追伸

STEP2=材料集め

・なぜ、創ったのか
・どんなドラマがあったのか
・どういう想いがあるのか
・そんな人に使って欲しいのか
・なんで届けたいのか、これを
・業界を、参加者をどうしていきたいのか
・どんな評価をいただいてるのか
・その他、あまり知られてない事実

STEP3=材料集め

・世界一、自社商品・サービスについて知る
⇒お客さんのどんな悩みを解決できるのかを明確にする(モロにならないようにライベルを潰す文言も入れていく)
⇒特徴を20個位出してみる/機能/最大の売りは何か/競合との差など

STEP4=証拠集め

・読み手に確信をもってもらう
⇒事実/権威/自分と同じ立場

STEP5=ストーリー作り

・売りを3つに絞る
・もっとも困ってる人が多く、真剣なのはなんだろう
・満たせる欲求はなんだろう
・その悩みで困ってる人は誰でしょうか
・なぜこれまで解決できなかったのだろう
・本当に彼らが望んでる状態はなんだろう
・似たような商品を扱うライベルにうんざりしてる事はなんだろう
・何が伝われば解決できると確信ができるか

STEP6=キャッチコピー作り

・自分の悩みを解決することが分かること
・具体的な数字がある
・続きを読まなければ損と思える提案があること

※ライティングポイント
・その道のプロが教える問題解決型のライティング
・悩み⇒解決策⇒根本的解決策⇒商品
・読んで役に立つことを入れる
・「but」と「if」
・3回韻を踏むように繰り返す事で強調する(褒めながら否定・・・本当の理由は○○など)

STEP7=ブラッシュアップ

・お客さん視点で読んでみる⇒リズムや流れなど
・購買心理の視点で読んでみる⇒確信やその先が盛り込まれてるか
・自分視点⇒自分が買いたいかどうか

文章上達法

・小さな成功体験を数多く踏む
・書籍の前書きを参考にする
・自分が購入したものの理由を考えるクセをつける
・何を伝えたいのか決める(思いつかない場合の練習⇒本・動画を紹介してみる)
・ノートに書く
・人気メルマガの文章を真似する

見直しメモ

・単純明快かどうか?
・具体性(数字)があるかどうか?
・意外性(実はこんな問題が解決できるんですよ)
・感情に訴えられてるかどうか?(メリットを詠う)
・信用性があるか?(証拠/お客の事例/推薦/実績/メディア)
・ストーリー性があるか?(詳細な具体的な事を/商品開発に至った訳)

まとめ

・収入=知名度*信頼性*文章力

・結論=想い。どれだけ強く、相手に読んでほしいと思って書いたかどうか。

上手い下手じゃないよ。

でわでわ。

 - SEO・マーケティング , , , , , , , , , , , , ,