WEB担のぼやきブログ

インハウスSEO兼WEB担当者の備忘録メモと、話題・流行・趣味ブログ^^

スーパーマーズ 火星の風景 探査機11年分の映像を8分で振り返る

   

宇宙は謎だらけ、ロマンです。

昨夜5月31日はスーパーマーズで火星との距離が7528万kmとなり11年ぶりの大接近。
まだ1週間くらいは観測できる猶予があるそうなので、ふと夜空を見上げた時は南の方角を見て下さい。6月いっぱいは肉眼でもきっと赤く光る火星が見つかるはずですよ。

スーパーマーズ

随分見た目の大きさに変化があるんですね。実際のところ火星はどうなってるんでしょうか?

2004年にNASAの火星探査機オポチュニティが到着して以来11年間も火星を走り、その距離はフルマラソンと同等になっています。

その探査機オポチュニティの映像も是非ご覧なって下さい。
生命のいない惑星で孤独に調査を続けた11年間の記憶動画です。
ちょっと感動します。

如何でしたか?

ちなみに、この動画を見て住みたいって稀有な方いますか?
現在、火星移住計画が中々の本気具合で進められております。

人類火星移住計画を進める非営利団体マーズワンは2025年入植を発表し、募集に20万人が応募。更に100人程度に絞られ日本人も10名入っている。(もちろん片道切符ね。)

NASAも火星へ移住する人を募集。
当然ながら「地球には二度と帰ってこれません。」

映画オデッセイでマット・デイモン演じる宇宙飛行士が火星で生き延びる為に、ジャガイモを育ててましたがNASAは火星に適したジャガイモ開発も進めています。

火星に到着したら一生をそこで過ごします。非常にクレイジーに思いますが、こうやって人類は進化していくんでしょう。

いつかは人類が降り立ち移住も可能にするであろう火星に、少しだけ思いはせてみるのもいんじゃないでしょうか。

ちなみに次回のスーパーマーズは2018年7月31日です。

でわでわ。

 - 生活暮らし, 社会・経済 , , , , , , , , , , , , , , , , ,