WEB担のぼやきブログ

インハウスSEO兼WEB担当者の備忘録メモと、話題・流行・趣味ブログ^^

アフィリエイトの始め方 超初心者の伸び悩み 報酬発生のコツ9項目

      2017/08/17

あーお給料が上がらない…あと数万あればと考えた事ありますよね?

そこで自宅で出来る副業で人気のアフィエイトですが、でも現実は1000円未満の人が全体の75%以上という世界。
しかし一度仕組みを作ってしまえば権利収入を得られる魅力があります。

そこでアフィエイトを始めようという入門者向けにポイントをまとめてみました。
専門用語があるかもですがぐぐって下さいね。

では早速…

タイトルとコンテンツ記事の整合性

タイトルはやっぱり重要。上位表示したいキーワードを3つ以上は入れよう。

次に記事の書き方だけどざっくりした流れはこんな感じ。

例>ニキビの治し方
①治すにはこうこうです。

②その為にいろんな方法があります。

③おすすめはこうこうこうです。

例>商品名+口コミ
①○○はどうのこうの

②○○を使ってこうなりました

③○○の事を書く事が重要

※ファーストビューでユーザーが探してるものを解決してあげる事がポイントです。(効果や使い方を紹介)

ほとんどの人は一回記事を書いてアップしたら終わりなんですが、3回リライトする事をおすすめします。(周辺キーワードをしっかり入れていく/一文の中にユーザーが求めるワードを入れると読みやすい)これを繰り返すとライティングの質が上がるので後々効いてきますよ。

どうしてもCVRさせる事が難しい場合は、新しいページを作っていきましょう。

記事の増やし方

記事を追加していくと必ずぶち当たる壁がコンテンツが思い浮かばないです。
書くことがなくて手が止まると危険信号です。

おすすめは過去に書いた記事の内容を分解して記事を増やすです。

例>ABCDについて書いた記事をAの記事、Bの記事と細分化

すでに書いた記事だから以前よりも知識があるので、書きやすいのもメリットです。

商品の選び方

アフィリエイトは紹介する商品がないと始まりません。
まー美容や健康系であれば大概あるもんですが何でもいいという訳ではありません。

①検索回数が多い1000以上(売れてる商品を選ぶ)
②自分が本当にほしい、買いたい商品を選ぶ

ある程度の需要がないとそもそも売れないですし、興味がある商品でなければ続かないし、売れる文章はかけないもんです。まずは得意や興味のあるところから練習だと思って始めるのがいいと思います。

キーワードリストの作り方

アフィリエイトといえばSEOですよね。そこで重要になってくるのがキーワードです。キーワードは予めエクセルやテキストなどでまとめておくとライティングがしやすくなります。

①LP・商品ページを必ず見る
※何のキーワードで上げたらいいのか、コンサルするイメージでライティング。

例>商標・キャッチフレーズ・売りの部分
⇒更に別の言い方で何かないか?を考えるクセを付ける

キーワード抽出の具体的手順

方法①googleプランナー
新しいキーワードを取得⇒オプションで入力した語句のみを表示を選択⇒キーワード候補を選択⇒SVでDL⇒キーワードと検索回数以外を削除

方法②kizasi⇒ラボ⇒コトバを見つける keygram⇒動詞+副詞+形容詞

他にも無料ツールでサジェストを引っ張ったり、知恵袋など自分のやり易い方法を見つけていくといいんではないでしょうか。

中級者向けの中古ドメイン活用法

ここは初心者の方は飛ばして下さい。余計な知識は入れる必要ないと思うので。

まず中古ドメイン5個に仮コンテンツを入れます(PR1~3/5~1000の被リンク)

①上げたいキーワードで様子を見る(そこそこの内容のもので500~2000文字)
※1つのワードだけじゃなく3つ位狙う(例>キャッシングの比較と借り方のポイント)
※事前に10個のキーワードをタイトルには2~4個、記事中には10個盛り込みます。

②上がったサイトをターゲットサイトにしてコンテンツを入れていく

③上がらなかったサイト
⇒被リンクにする
⇒もう一度別ワードでターゲットサイトにする

▼外部リンクは以下順番で刺していきながら様子をみる
①TOPへ5~10の被リンク
②個別ページへ5位の被リンク
③TOPへブログ・サイトからの追加の被リンク
④ブログ・サイトの被リンクへの被リンクを追加

これは確率の問題で上がるも上がらないもグーグル次第というのがSEOなら、上がるものを対策していこうという発想です。

順位が落ちたサイト

アフィエイトで上位表示してもいづれは圏外へ飛んでしまうものです。
そういった時に対処する方法になります。

①リンク
・リンクがダメになった(違った質のリンクをつけてみる)
・リンク供給をしなかった

②コンテンツ
・キーワードに対するコンテンツの整合性を整理
・一度大量のリンクをつけてみる(100単位)

③ドメインを移す
・元サイトのindexを削除する(FTP削除かマスターツール削除依頼)

※複数のキーワードで見て判断するようにします。

何時までも元に戻すことに時間を使わず、ダメなら次というライトな感覚は必要だと思います。

検索順位によるCVRのユーザーの考え方の違い

1位⇒何も考えず購入
2位⇒少し調べる
3位⇒調べる
4位⇒とことん調べる
5位⇒とことん調べる

※複合キーワードの場合は1位でも調べるユーザーになります。

逆にいうと1位さえとれればコンテンツが中身カラッカラでも売れちゃうんですけどね。

お宝キーワードとはCVRが高い

キーワードとういのは非常に重要な要素になります。
例えば○○+比較というキーワードで1位獲得しても売れない場合があります。
どうしてでしょう?

ユーザーは購入したいのじゃなくて比較したい段階だからですよね。
まだ購入段階じゃないわけです。

つまり売れるキーワードで上位表示させなきゃ意味がない訳です。

どんなキーワードがいいのか?

以下参考までに。

・アクセスが少なくライバルが少ない
・見つけるにはジャンルに精通する必要がある
・人と違うやり方で探す
・ライバルのサイトのキーワード出現率などを参照する
・クライアントのサイトから探す

あとは商品名+○○とかも購入モチベが高いほうになりますね。

最初はどんな事でも報酬を得るまでは大変ですよね。

まずはブログを使って、失敗して当たり前精神でドンドンチャレンジしてみるのがいいんではないでしょうか?

パソコンさえあれば一円もかからず今すぐ出来るわけですから♪

 - アフィリエイト, SEO・マーケティング , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,